超コンパクトローラー台 ミノウラ FG-220レビュー

大会会場でのアップと普段の持ち運び用としてコンパクトローター台のミノウラ FG-220を購入しました。

このGWの前半戦は雨の日が2日ほどあったので出先で早速活躍してくれました。

確認したポイントは以下の通り。

1. サイズ感はどうか

2. 出力は何処までだせるか

3. 前固定のブッシュの感触はどうか

4. 音はどうか

5. アップ用として使えるか、トレーニング機材として使えるか

6. その他気付いた点

早速ですが、各項目のレビューをしていきます。

1. サイズ感はどうか

期待通りのコンパクト感でした。車の端っこにチョコンと置けるので全く邪魔になりません。何時もの荷物についでに乗せててOK!

2. 出力は何処までだせるか

カタログだと300wまでになっていますが、ローラー負荷ONの状態でバイクギヤが50-11Tの組み合わせだと90rpmで200w前後。

ケイデンスを190rpmまで上げれば700w弱までは上げれますが、神経系のトレーニングとして使うくらいでパワートレーニングとしては現実的ではありません。

3. 前固定のブッシュの感触はどうか

固めな印象ですが、無いよりはマシと言った所です。バイクへのダメージ軽減には役に立っていると思いますが、グロータック Flex3.2に比べると硬いので実走感という意味では低めです。

4. 音はどうか

これも普段グロータック Flex3.2を使っているので大きく感じました。室内で使うには音が大き過ぎると感じました。

5. アップ用として使えるか、トレーニング機材として使えるか

今までのレビューで分かるように大会会場でのアップ機材といてはGoodです。持ち運びが前提になるシチュエーションかつ高負荷を掛ける必要が無い時には活躍します。

一方で普段のトレーニング機材としては負荷が低い事と音の問題からグロータック Flex3.2がおススメです。

スポンサーリンク

素敵なトレーニング器具 グロータック フレックス3.2

6. その他気付いた点

組み立てと片付けが簡単。

ここからローラー部分を折り畳んで

後は脚を畳んだら

専用ケースに入れてお終い。バイク毎のタイヤの位置調整はありますが、最初にしておけば後で調整は不要なので簡単です。

難点はローラーが傷付きやすい所でしょうか。2回ほどの使用で傷だけではありませんが、汚れも付いてしまいました。使用上問題無ければ良いのですが、それはこれから使ってみて耐久力を見てみる事にします。

総じて満足ですが、やはり負荷についてはもう少し上げれるとより良いですね。

少しでも参考になればと思います。

それではまた🚴‍♂️

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です