夏休みの自由研究 Campagnolo Sirocco Carbon?/カンパニョーロ シロッコ カーボン?

夏休みの自由研究と題して怪しい事をしました。やった事は題名の通りシロッコのカーボン化。動機は単純にG3組の黒リムホイールが欲しくなった事とカーボンクリンチャーを使ってみたくなった事から始まっています。

G3組だけで有れば中華カーボン製でAmazonなどで数万円で購入出来ますが、ただ買うだけでは面白くないのと出来るだけお金を掛けないでやってみたかった。ハブはカンパニョーロを使えばリヤがハイローフランジになるのでスポークテンション面でも有利。などなど。

そして一番は面白そうだから‼️

これに限ります。

という事で” 遊び ” をする事にしました。

ベースにするのは題名の通り手持ちのシロッコ35を使います。赤色のラインが気に入らずカッティングシートで青色にしていましたが、今回でこのリム自体を変えてしまいます。

代わりに使うのはこのリム↓

ハイト:30mm/リム幅:外25mm内18mm/材質:カーボン12K/クリンチャー/ホール数:フロント16 リヤ21(G3)

見た目が美しい12Kカーボン

リヤは手配仕様には無かったのですが、リクエストをした所G3穴にして貰えました。

並べると分かりやすいですね。

左がフロント16ホール右側G3用21ホール。

色んな所で中華カーボンリムが販売されていますが、意外に説明欄等に載っている仕様以外の内容でも頼めばやってくれます。今回のG3用の穴もお願いした所受けて貰えた例になります。

という事で早速組み替えを進めます。最初にやるのは分解からですが、ハブ寸法が分からないので必要なスポーク長さが分かっていません。取り敢えずリムと分離だけして転用出来るか確かめます。

分離出来ました。

気になるリム重量ですが、「553g」でした。これはかなり重いですね。

しかもニップルワッシャーもありニップルと合わせるとリム外周重量は570gになる事になります。

重い重いとは思っていましたが、ここまでとは…。

そして交換するリムの重量は「433g」ニップルは0.3g×16ケで「4.8g」なのでTOTAL438gとすれば片輪で130gの軽量化です。

これはかなりの改善です。

そして試しに組んで見たところ。組むことは出来ました。

しかし、明らかにねじ切り部が飛び出しています。ネジの掛かり的には問題無いであろうレベルは確認出来ているのでこれは私の自己責任としてこのまま使う事にしました。

スポンサーリンク

続いてリアも進めます。

リアのリム単体重量は重くなる傾向がありましたが、測ってみると「572g」と非常に重いことが分かりました。

これも同じく組み替えて行きます。

リアスポークは反フリー側はそのままにしてあります。

試しに組んでみると意外にも組めました。

なり

スポンサーリンク

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. ヨシト より:

    面白そうだからやってみるのっていいですよねー。楽しそう!
    クロモリにカーボンホイールは合いますね。いいなぁ(*゚∀゚*)

    • nokoohadc2 より:

      ヨシトさん
      コメントありがとうございます。
      新旧の融合で良いですよね。
      クロモリロードについてはこれから改善を何点かして行く予定なのでまたアップさせて貰います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です