楕円チェーンリング変速改善方法 〜WISHBONE/ウィッシュボーン 〜

楕円チェーンリングをかれこれ1年半程使っていますが、フロント変速についてはやはりシマノ純正に比べると気を使ってする必要があります。

インナーへ落とす際にチェーン落ちをした事はありませんが、アウターは最初は良いものの走行距離にはよりますが、使っているうちに1ヶ月程度でアウターに上げる際、上がらない事があったりストレスを感じる事が多々ありました。

※大体1ヶ月平均トレーニングメインで300km程度です。

そこで少しでも良くしたいと言う事からWISHBONEのフロントディレイラーのスペーサーを試してみました。

原理としては単純でディレイラーを後ろへオフセットする事でチェーンがチェーンリングに掛かるタイミングを早くする思想です。

これが↓最初の状態です。

ここにスペーサーを挟む事でギヤへの掛かりを早くします。

スポンサーリンク

取り付けるとこれだけオフセットします。

実際4ヶ月程使ってみた感想としては。

Good‼️でした。

初期はスパスパ入るうえ、持続性も中々あります。どうしても長期的に使っていると変速性能は落ちてくる傾向は以前通りであるものの4ヶ月は持続しているので以前に比べると4倍近い持ちです。

結論としては楕円チェーンリングは定期的な調整は必要であるもののスペーサーによってある程度改善は可能‼️

と言う事になりました。

もし悩んでいる方がいれば少しでも参考になればと思います。

それではまた🚴‍♂️

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です