LABRICOと2×4材で作る自作ホイールラック

ロードをやっていると必然的に増えて行くのがホイール。

私も例外では無く自転車に付いているもの以外に2組のホイールとリムだけのものが更に2組。

そしてこのホイールという代物は以外に保管方法が困ります。

良い写真が有りませんでしたが、今はこの用に↓備え付けの服掛けにS字フックを駆使して吊るしています。これでも良いのですが、いまいちスッキリしないのと壁にホイールが当たって傷が付くので前から改良が必要と感じていました。

そこで今回LABRICOと2×4材を使ってホイルーラックを作ります。

何度か棚を作ったりするのにこのLABRICOを使っていますが、非常に使い勝手が良いので今回も使います。

詳しい寸法等は物によって違うのでここではアイデアだけの紹介とします。

*材料*

・LABRICO 1組

・2×4材

・1×4材

・クイックレリーズ2組

・固定用ビス

最初に1×4材にクイックシャフトが通るくらいの穴を開けます。

片側にはクイックレリーズを留める為のナットを固定しますので、溝を掘って埋め込みます。

彫刻刀でキツ目にナットが入る様にして削ります。

埋め込み完了です。

これがホイールの反対側になります。

ホイール側は食い込まない様にワッシャーを使います。

これと同じものを全部で4つ作ります。

ナットの取り付けとは反対側に柱に固定するビスの下穴処理をしておきました。

スポンサーリンク

ビスの頭が埋まる様にザグリと割れ防止の下穴です。

ナットに対してのビスの裏表が違うのは柱への固定方向の違いによるものです。理由は後々分かります。

準備が出来たら柱を仮に立てて作業しやすい様にスペースを確保します。

まずは一番上のホイール置きから。

ここはリヤホイール様になります。

ここは柱の手前からから固定します。

仮置きするとこんな感じ。

横から見ると柱と少し間が空く様にしているのが分かります。

フロントホイールを置く板は裏側から固定します。

リヤホイールから離れる感じになりますので、後ろにスペースが出来ます。

この隙間にフロントホイールを入れるとこの用に収まります↓

もう一組分も同じように取り付けて完成‼️

オーバーラップさせる事で横のスペースを有効活用出来るので省スペース化がはかれます。

これで一旦完成ですが、取り外しがしにくい問題が有るのでまだ要改良というのが、総評です。

とは言え低コストでまぁまぁな出来なので良しとします。

これでディスプレイとしても楽しめる利点もあるのでもし良ければ参考にして貰えればと思います。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です