ママチャリレストアと外装変速機化〜組み立て開始〜

前回である程度形にはなりましたが、実際には本格的な組み立てはここからになります。

というのもここからいよいよ外装変速機化のパーツを取り付けて仕上げて行く事になりますので。

それでは早速始めて行きます。

このフレームにはリアディレイラーハンガーが当然無いのでハンガーが無くても取り付けられるシマノターニー↓を使います。

フレームから外に出ているハブシャフト に引っ掛ける事でディレイラーハンガーが無くても使える様になっています。

位置決め用のワッシャーも付いており、ポン付けで簡単に行くかと思いきや。

そう簡単にはさせてくれませんでした。

外側にスタンドを被せるように取り付けなければならず、外装変速機対応のスタンドにしてはいるもののピッタリとは取り付ける事が出来なかった上、スタンドの爪がフレームに掛かって周り留め作用をしなければならない所がデレイラーの分浮いてしまい、キチンと作用しない状態になってしまいました。

試行錯誤の上、何とかそれなりに収めることが出来てチェーン迄取り付けましたが、ここでまた問題発生。

チェーンが既存のステーに干渉してしまいます。

という事で力技で外側に曲げました。

しかし、それでも根元の部分が干渉してしまっている為更に力技として

ヤスリで削ってやりました。

これでチェーンの干渉は無くなったもののフレームの下地が剥き出しになってしまったので、部分塗装をします。

残っていた塗料を一度器に吹いた物を刷毛で塗って使います。

他にも組み立ての際に着いた傷もあったのでついでに綺麗にしておきました。

問題はまだ続きます。

ディレイラーのワイヤー取り回しがスタンドと干渉してしまいます。

ディレイラーハンガーから出ているガイドも通常のロード用に比べて逃げる構造になっていますが、何も考えずに付けてしまうとスタンドの上げ下げの度に干渉してしまう為上手く逃がしてやるようにしました。

ギリギリセーフのラインです。

スポンサーリンク

ローラーブレーキの受け金具は錆びていたものを錆び取りして使おうとおまいましたが、錆の進行が進んでおり、またすぐに錆びてしまう事が想定されるのでホームセンターで買ってきたステンレスバンドを同じように成形して使いました。

右が成形したもの。

リヤ周りは粗方終わりましたので、細かい他のところを紹介。

ブレーキはアウターケーブルの受けの部分に金属の物にしました(これはデュラエースのワイヤーセットに入っていたものです)。

先が出っ張ってレバーへの収まりも良いのと性能的にも樹脂よりも良いので。

レバーばダイアコンペのアルミ製の物を新調しています。雰囲気的にもこちらの方が合うので。

シフトは力も掛からないので樹脂のままです。

ブレーキメカ側の受けは純正の錆びていた鉄製の物からロード用の物から拝借したアルミ製の受けを付けています。

仕上げはママチャリならではの鍵。

この他にワイヤー錠の2つ掛けにしています。フレームに傷が付かないようしっかり保護して付けています。

これで完成‼️

となりましたが、肝心の全体写真をまさかの撮り忘れているという事実に今更ながら気づきました…。

後日改めて撮ったものを報告します。

そして大分遅くなり申し訳無かったです。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です