素敵なトレーニング器具GROWTAC GT ROLLER FLEX3.2の3ヶ月間使用レビュー

仕事をしながらだとどうしても平日のトレーニング時間を取るのが難しくなります。それでも日々の積み重ね無くして強くはなれません。

という事で登場するのが皆さんも使われているであろうローラー台になる訳です。

家に居る時に空き時間を30分でも作れればそれだけでも効率的なトレーニングが出来ちゃいます。

と言う事で私も以前はダイレクトドライブ方式のエリート/ヴォラーノを使っていました。

これはこれで静かで負荷の掛かり方も悪く無いのですが、フレームのリアエンドへのダメージを考えるととうしてももがき切れない自分が何処かに居ました。その為全力を出し切るべきな所を気を使いながらトレーニングする事になってしまっていました。

また、実走の様にバイクを左右に振れない(ローラー台の下に100円ショップのクッションを大目に入れていたので多少は動くようにしましたが)ので使う筋肉が実走と変わって来ます。私の場合は更に外とレースで使うカーボンフレームのダメージを嫌ってアルミ製の別バイクを使っていたのでポジションが完全に同じでは無いことが更に使う筋肉が変わってしまう要因になっていました。

と言う事で何か良いものが無いか探していたところGROWTAC GT ROLLER FLEXを見つけました。

“トレーナーに乗るんじゃ無い!自転車と走るトレーナー!!”と言うフレーズも良いですよね。

しかも安心の日本メーカーのMade in Japan。

特徴は是非メーカーホームページで見て欲しいのですが、なんと言ってもフロント部分にブッシュが入っている事で左右にバイクを振れること。

これは物凄く効果が大きく其れこそ実走にかなり近い状態を再現出来ます。

バイクを付けるとこの様な状態。

一番柔らかいセッティングにしていますが、少し触っただけでもかなり左右に振れます。

ローラー部分は静音性に優れここ自体の音は殆どしません。

また写真の状態は3ヶ月間使った後ですが、ほぼ摩耗していません。

ローラーの横には脱輪防止が付いてます。確かにフロントが動く分後ろタイヤがかなり左右に振れます。ですが、フルもがきしても私はまだ接触した事はありません。上手く出来てます。

ローラーの負荷はこのレバーで調整します。余りいじる事は無く初期のノッチ3の状態から一度もいじっていません。作りは華奢ですが、特段問題は感じていません。

フロントのクイックは付属していませんので、適当な物を付けています。

高さは足の先端のつまみを回して調整します。ここにMade in Japanが印刷されています。安っぽい感じは無く好感が持てる雰囲気です。

後ろのローラー部分の防振構造はかなりしっかりしたものになっています。フワフワしたスポンジが挟まっている構造です。

私はどうせなのでオプションのブルカットも導入しています。

効果ははっきり分かりませんが、あった方が良いのかな?と言う感じ位です。塗装にラメが効いてて個人的には好印象です。

とまあ、作り込みも性能的にも全く不満が無いのですが、一箇所だけ問題が有りました。と言うのがフロントの足部分のゴムの取り付けについてです。

ここは丁度フロントフォークの真下に当たる部分ですが、ある時使ってた後に動かしたところ黒い物が転がって来ました。何かなぁっと思って見てみたところ2個中1個のゴムが取れてる‼️

スポンサーリンク

ネジが緩んだだけだと思い戻そうとしたところ、どうも取り付きません。

良く良く見るとネジの飛び出しが少ない上にネジ山が雄も雌もやられている状況が確認出来ました。どうやらそもそもネジの飛び出しが短い様です。一応必要最低限のネジ掛かりは確保出来ている様ですが、少しでも緩むと掛かりが甘くなり緩む様です。

という事で補修と改良をしました。

ネジサイズはM4ピッチ0.7なので合うネジタップとネジを購入しました。

タップした後はしっかりと削りカスを除去しておきます。

ネジは5mm長いものを選びました。これだけ出ていればまず間違い無く外れないでしょう。

ネジ部にはお決まりのグリスを塗っておきます。

これで取り付けて完成です‼️

総じて満足な素敵なローラー台、GROWTAC GT ROLLER FLEX3.2でしたが、今後も長くお付き合いしていく事になるのは間違い無いです。

最後におまけですが、私は汗対策として100円ショップで買えるエプロンを括り付けて使っています。使った後は洗濯機な突っ込めて使い勝手も良いので重宝しています。

これで雨の日も平日の夜もLET’S Training‼️

それではまた🚴‍♂️

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です