ママチャリレストアと外装変速機化〜ホイール組み 準備編:フロントハブ〜

ここからが今回の新しい試みになる内装変速機から外装変速機化するためにホイールを組み直します。

新しく準備したのはリヤハブとスポークで他のパーツは流用します。

スポークは星のスターブライト。値段の関係からこれにしています。

具体的にスポークを通す前にまずは壊れたフロントハブを何とかしなければいけません。

とは言っても大したことは出来ませんので、破損した部分を瞬間接着剤で固定します。

後はハブはバラバラにしたままなのでグリスを詰めて玉当たりを調整して組み上げます。

劣化した樹脂部分は塗装で化粧をして綺麗にしています。

裏返すと端面にシールがあるのでハブ側の接触面にグリスを塗ってダストの侵入防止と潤滑をするようにします。

スポンサーリンク

最後に玉当たり調整をしてこちら側は完了です。

ハーネスが出ている側にもダストシールがあるのでこちらもグリスを塗って組み付けます。

瞬間接着剤で付けた部分は少し変形してしまっていましたが、

何とか組み付ける事が出来ました。抵抗をそこまで大きくない感じなのでこのまま組み付けを進めます。

線が出ているのでこの線を這わせる樹脂のホルダーと軸に固定するワッシャーを組み付けます。

先端のコネクターはハンダで外していましたので、再度取り付け

樹脂ホルダーに這わせて

絶縁のシート⇨金属プレートと順番で組み付け

ナットで固定して完成になります。

これで完成ですが、アクセントに白いカッティングシートでラインを巻いて見ました。

今回はここまでにしておきます。

まだ組む前の準備があるので次回までは準備編になります。

それではまた🚴‍♂️

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です