ママチャリレストアと外装変速機化 〜塗装開始〜

長らく開けてしまいましたが、再開して行きます。

早速ですが、塗装をして行くところから再開です。前回までで下地までは完成していましたが、雲行きが怪しくなって来たので急いでプラサフを吹きます。

使うのは信頼のHoltsのホワイトプラサフ。やっぱりSoft99よりもこちらの方が垂れづらくて良いと私は思います。

一通りの部品に塗れました。

言うまでもなく塗装前はしっかりと脱脂をしてから塗っています。塗装を弾いてしまっては目も当てられないですからね。

20分程乾かしてから上塗りをして行きます。今回のフレームはマイカ(ラメ)の効いた紫とライムホワイトの二色にする予定です。下地を白にしたのはその為です。

セオリー通り塗装の入りづらい所から塗り始めます。

私としては塗装はこの瞬間が一番楽しいです(笑)

ここまで来る為の下地作りに掛ける時間に対して塗る時間はあっと言う間ですが、イメージしていたのが形になるのは何度やっても楽しいものです。

後は全面均一になるよう時間を開けながら垂れないように気を付けて塗り進めます。

経験上、マイカが効いている塗料は一度で塗る量を少し厚めにしたほうがマイカが効いて綺麗になります。

最初は艶がありますが、乾くと表面が少しザラザラした感じになります。

フォークの上塗りも進めます。

使うのはトヨタのライムホワイト。このホワイトは青白い感じで光の加減で色が変わるのが綺麗で好きなので今回使う事にしました。

この白は比較的塗装が乾いても表面がツルツルしています。

うん‼️

良い色。

最後に仕上げのウレタンクリア。

これについてはSoft99が一番ですね。

塗れました。

スポンサーリンク

部分部分見て行くと。

うん、良い艶。

フォークも良い艶です。

何日か乾かして家の中に持ち帰って改めて見てみます。

唯一失敗したところ。クリアが少し垂れてしまいました。

これはこれでご愛嬌ということで(笑)

総じて成功と言える出来じゃないでしょうか。

これまでの経験を活かして出来た今の集大成と言える物ではあると思います。

まだまだ改善の余地はありますが(笑)

それではまた🚴‍♂️

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です