クロモリロードバイクのレストア第2弾 〜ホイールのお色直し〜

本当であればブレーキのレストアの続きをやる所ですが、電動工具を使う作業を予定している為時間帯等の制約からまだ進められないので別の作業を進めます。

進めるのはホイールの準備ですが、ベアリング交換等を以前進めていたカーボンリムホイールは組み上がった物のベアリングの具合がどうも良く無いので保留にしています。

という事で代役のホイールとして、余っていたカンパニョーロのシロッコ35を使う事にしました。

リムハイトは名前の通り35mmになりアルミリムという事もあり重量は1770gと少々思いホイールになりますが、その分丈夫です。

また、以前メンテした時にスポークテンションはカンカンに貼っており手持ちのホイールで一番硬いホイールにもなると思います。

硬いホイールは柔らかいフレームと相性が良いとよく言うのでクロモリフレームとの組み合わせが楽しみな所です。

本題ですが、今回やる事は題名の通りお色直しをします。性能に関わる所は既にメンテ済みで、前から気に入らなかったリムステッカーを何とかしようと言うのが今回の目的です。

気に入らなかった点は2つあります。

①シロッコの字体


このカクカクした字体がどうも気に入らない…。


カンパニョーロのロゴは割と好きなのでこちらはそのまま採用‼️

②ステッカーの赤い部分がフレームと合わないのが嫌。



各所基本的に赤系の差し色が入ってます。これがメインバイクのBHに付けていた時もそうですが、どうも合わないのが嫌でした。
と言う事で自分の好きな色にしてしまいます‼️

準備するのは手持ちの水色のカッティングシート。赤い部分にはこの水色を貼って色を変えます。

スポンサーリンク

道具はデザインナイフとハサミだけ。

クリーナーで表面を脱脂します。脂が乗っているとカッティングシートが貼れないのでここでしっかりと落としておきます。


後は現物合わせで赤のラインに沿ってカッティングシートを貼って行きます。

あっという間に水色ラインのホイールになりました。

これはいいですね‼️

お次は不要な部分のステッカーをペリペリーっと剥がします。

ステッカーが厚手なので途中で切れる事も無く剥がれてきました。

「CCO 35MM」がやっぱり余分ですね。

と言う事で余分な所をデザインナイフで切り取ります。

そして出来たのがこれ‼️

良いですね😁

G3組はやっぱりカッコ良いです‼️

ハブの調子は良いのでこれでホイールの準備は完了です。

次こそはブレーキですね。

それではまた🚴

スポンサーリンク

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. しぶ より:

    こんちには!
    最近更新が無くて寂しいですm(_ _)m
    心待ちにしております|ω・`)チラ

    頑張ってください╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です