クロモリロードバイクのレストア第2弾〜ブレーキO/H BR-6500〜


いよいよメンテナンスする部品も減って来てフレームへの取り付けの始まりも見えて来ました。

早くしたい‼️

と言う事で今回は恐らく部品メンテナンスの最後になるブレーキのO/Hを進めます。

恐らく一番時間が掛かると思われるパーツです。

何故時間が掛かるかと言うと部品点数が多い事とフロントブレーキが汗で発生したと思われる錆で、動きがかなり悪くなっているからです。

何はともあれ始めて行きましょう‼️

 

フロントブレーキから始めます。

手を付けるのは取りやすい部品から。

アウター受けは最近の物と比べるとメカメカしい作りをしています。バネがとても印象的です。ここはクルクルと回して外すだけ、固着もなくスムーズです。

その先のインナーを止めるところですが、ボルトを外したらメッキの下から錆が浮いて来てしまっているのが確認出来ました。

本来はここはクイックとは別の動きをする所ですが、クイックが渋いうえに同じ動きをします。これは固着している事確定です。

中々手強そうなので取り敢えずは他の所を責める事にしました。

アームの動き自体がかなり渋いです。

本来はここまで圧縮したらバネの力で元に戻りますが戻りません。

軸の部分の動きが錆なのかグリス切れなのか悪くなっています。

分解続行で取り敢えず、バネをアームから外しました。

クイックのボルトを外してみましたが、

スポンサーリンク

バラける気配がありません。

これはやっぱり腰を据えて対峙するし必要があります。

バラせる所を先に進めます。

ピボット部のボルトを外しました。

他のボルトは特に固着もしておらずスムーズに進みます。

ワッシャーとスリーブの順番を覚えておきます。

センターのナットを緩めます。ここは13ミリの12角レンチが必要です。多少の硬さを感じながらも緩みました。

部品の順番はブレーキ前側から「スペーサー/スリーブ/スペーサー/ベアリング保持器/ベアリングバラ玉/スペーサー」

ベアリング付きのブレーキは初めて分解しますが、成る程の構造です。

Duraの場合はこれに更に一箇所ベアリングが付いている筈です。

今のところはDuraに触る機会が無いのでいつかまた。

これで一通り分解は出来ました。

分解時に出たカスが凄いです。

白錆のような物が沢山出て来ました。

そして問題児のクイックレバー。

これをどう料理しようか悩みます。

ここは一息置いて改めてやりたいと思います。今日はひとまずここまで‼️
それではまた🚴

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です