クロモリロードバイクのレストア第2弾〜FC-6500/オクタリンククランク〜

  

今回もあまり大掛かりな作業では有りません。

やるのはクランクの準備です。

準備と言っても掃除をして新しいチェーンリングボルトを締めるだけなので本当にたいしたことない作業です。

少し雑談させて貰うと

今回準備しているのは昔乗っていたGIANTのアルミロードバイクを7速から10速化する時に使っていたオクタリンククランクを使います。元々はこのクランクの相方になるBB-7700の構造に惚れた事からオクタリンク対応クランクとしてこのクランクを入手しています。

アルミロードを手放してからはデットストックとして残っていたので今回のレストアに合わせて復活させる事にしました。

チェーンリングボルトはメインバイクのBHに楕円チェーンリングをつける為に5ケ中4ケ使ってしまったので、今回新たに手配しています。

アウターはスギノの50Tに変えています。インナーは純正の39Tです。

前回と同じKCMC製ですが、今回はブルーを手配しました。前回は黒を使っていましたが、バイクの色味に合わせてブルーにしています。

スポンサーリンク

一旦バラしてチェーンリングを洗浄してから組み付けます。

そんなに汚れていないので簡単に終わりました。

 

後はボルトにグリスを付けて組み付けて完成です。このボルトは後ろが8mm前が5mmの六角レンチで締めれる様になっているので、まずネジ穴を痛める事が有りません。

今回もう一度購入したのもそう言う理由からです。アルミだと鉄よりも強度が弱いので余計に無いこう言った事に気を使います。こう言う事が後々のトラブル回避になるので大事な事だと思っています。
さて、これで今回は完了。
次は一番時間が掛かりそうなブレーキ辺りに手を付けて行きたいと思います。
それではまた🚴

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です