クロモリロードバイクのレストア第2弾 〜TNIエボリューションライトハブオーバーホール その3〜か

今回でオーバーホール記事はその3になります。詳しく書く関係からまだまだ長くなりそうなのでその点は悪しからず。

その3にしてようやく部品の手入れに手をつけて行きます。

前回でバラバラになった部品達は基本的には洗浄して再組み立てするだけですが、問題は今回の分解する原因になったベアリング達。

そのまま再使用出来れば良いのですが、新品が必要になると厄介な物も有るのでその辺の判断は進めながら確認して行きましょう。
まずは改めて分解した部品達を確認します。
ここで写真を見て気付いた方は察しが良いと思います。

何か下の方にリアハブには無いパーツがあります。
そう、これはフロントハブの部品になります。
あれ??外し方の紹介して無いんじゃないの?

その通りです。

部品が少ないので、あまり詳しくやる必要も無いと思いますが、念の為御紹介。
まずは両サイドのハブナットを外します。エボリューションライトハブはいわゆるポン当て仕様なので引き抜くだけです。

穴が大きい19mmのディープソケットを使って抜きます。

要領はリヤハブと同じです。

抜けました。

ベアリングが小さいので比較的簡単に抜けて来ました。

部品はこれだけです。

シンプルに両サイドからシャフトをベアリングで挟んだだけです。

さて、ここからが本番です。

ベアリングの内部を洗浄してグリスを入れ替えます。

これで良くなることを信じて進めます。
やる事自体はシンプルで精密ドライバーの一番小さなマイナスでシールをはぐって行きます。

内輪側から傷を付けないよう気を付けながら差し込み、テコの原理で持ち上げます。

余り抵抗はありませんが、力を入れる過ぎるとシールが傷付いたり、変形しますので、気を付けてください。


中には粘性の高いグリスが入っていました。

余り程度の良いグリスという感じではなく、安そうなグリスの印象を受けます。


反対側のシールも同様に外します。

裏表で色が違います。

内側は黒いだったのでオレンジが接触式で黒が非接触式かもしれません。

一度グリスは全て洗い流します。

ブレーキクリーナーだけでは中々落ちないので古い歯ブラシで擦りながら、中のグリスを掻き出すイメージでやっています。

洗浄後のトレーには黄色っぽいグリスが残っています。

錆やゴミは目立った物は無さそうです。

グリスが切れたベアリングは回すとしゃりしゃり言いながら良く回りますが、当然このままでは使えないので新しいグリスとしてセラミックグリスを入れます。
これは粘度が低くサラサラしたグリスになりますが、長期間使っても悪く無い感触です。

オモテ面と裏面両サイドから入れて、内輪を回す事で内部までグリスを回します。
ヌルッとした感触になったらOKです。

スポンサーリンク


後はシールを嵌めて完成です。

グリスを入れ替えた感じとしては悪く無い感触です。

ただし、錆が少し出ていた反フリー側のベアリングたげは微かにゴリ感を感じる場所が有るので組み付けて状態確認する必要が有りそうです。

ここからは組み付けです。
まずはフリーボディから。

最初にフリーボディ内には錆防止とベアリングが入りやすいようにグリスを塗っておきます。

続いてベアリングを圧入しますが、黒いシール面が内側に来るようにします。

シール性が違うのか分かりませんが、最初の組み付けがそうだったので同じにしておきます。
ベアリングの外側前面にも錆防止の為にグリスを塗っておきます。
 
後はお馴染みになって来たディープソケットを当ててボルトでねじ込んで行きます。

入りました。

ですが、気付いた方がいるかもしれませんが、良く見るとディープソケットのサイズが大きくなってます。

最初は14mmソケット+M6ネジでしたが、どうにもベアリングが斜めに入るので結局当たり面が広くてしっかりした19mmソケット+M8にしてすんなり入りました。
後は同様の手順でスペーサーを入れて外側のベアリングも入れます。

この段階ではスペースが動く位までの圧入にしておきます。

シャフトとの嵌め合いがきつく、しっかり芯が出ていないとシャフトが入らないのでここで一度シャフト通しをして芯を出しておきます。

最後に内輪と外輪の圧入具合を調整して完成‼️

意外にこの作業に時間が掛かりました。

圧入がキツすぎるとベアリングの動きが渋くなります。

次はハブ胴にベアリングを圧入します。

これまたディープソケットを使います。

17mmのソケットが丁度ハブ胴の内径と合うのでベアリングの外輪を押しながら圧入する事になります。

入りました。

ここは結構簡単に入りました。

そして問題のベアリング当たりを確認。


ある場所でゴリゴリします。
駄目だこれ…。
使えない事は無いですが、やっぱり気になるのでここは新品に交換が必須になりました。
という事で新しい物を手配掛けましたが、来るまでちょっと時間が掛かりそうです。
急ぐ事ではありませんが、ここまで来たら早く組みたいです。
ベアリングよ早く来い‼️
それではまた🚴

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です