意外に分からない? ガーミンエッジ/Garmin Edge 820J ライド中表示画面設定方法

言わずと知れたサイクルコンピューターの老舗ガーミン。

私もようやく導入しましたが、意外にライド中の”ケイデンス・心拍・斜度など”の画面表示設定の仕方が分からず困ったのでこちらでやり方を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

電源を入れた画面です。

”Train”を押すとライドスタートで各データが表示されますが、初期設定では4データしか表示されておらず、心拍などのデータが表示されてません。

ここから設定方法に移ります。

まず左下三本線の設定のボタンを押します。

 

f:id:youscyclecabin118:20170212080151j:image

 

ここから”設定”を選択

 

f:id:youscyclecabin118:20170212080139j:image

 

続いて”アクティビティ”を選択

 

f:id:youscyclecabin118:20170212080248j:image

 

ここまでくるとちょっと見慣れた物が出て来ます。

各シチュエーションを選んで設定をする事ができます。

 

f:id:youscyclecabin118:20170212080307j:image

 

ここでは普段のライドに使うTrainを例にしていきます。

画面設定は”トレーニングページ”を選択。

 

f:id:youscyclecabin118:20170212080333j:image

 

するとページが出て来ますので何処でも良いのでタッチします。

 

f:id:youscyclecabin118:20170212080721j:image

 

するとこの画面になり一画面に何個のデータを表示するかを+−で変えられます。

初期設定は4つになっていますので、

スポンサーリンク

 

f:id:youscyclecabin118:20170212080736j:image

 

私は8つにしました。

ここではここまでで右下のチェックボタンを押して完了させます。

 

f:id:youscyclecabin118:20170212080840j:image

 

再びライドの画面に戻ってライドボタンを押すと

 

 

 

 

f:id:youscyclecabin118:20170212080904j:image

 

先程の変更が反映されています。

ただし、このままだと見たいデータや位置がバラバラです。

 

f:id:youscyclecabin118:20170212080912j:image

 

この変更はデータを表示したい場所を押すと

 

f:id:youscyclecabin118:20170212080926j:image

 

何を表示するか選択することが出来ます。

 

f:id:youscyclecabin118:20170212080943j:image

 

これを繰り返していくと自分の好きな画面表示にすることが出来ます。

これはライド中にも変更可能ですので、使いながらカスタマイズ可能ですので自分好みにどんどん変えれば良いと思います。

 

f:id:youscyclecabin118:20170212081018j:image

f:id:youscyclecabin118:20170212080912j:image

 

私が使った感じでは普段使いのTRAINとRACEでは必要な情報が違いますが、同一項目のケイデンスやスピードは出来だけ同じ位置の方が使いやすいと思います。

 

この情報が少しでもお役に立てればと思います。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です