クロモリロードバイクレストア 〜センタープルブレーキ組み立て〜


準備の整ったパーツ達を組み立てて行きます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

アルミパーツ達は最初とは見違えるような輝きを放っています

 

f:id:youscyclecabin118:20160928201252j:image

 

使う工具達はこちら

 

f:id:youscyclecabin118:20160929215439j:image

 

アームの可動部には樹脂のブッシュご入ります。

 

f:id:youscyclecabin118:20160929215458j:image

 

グリスを塗って作動し易いようにします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

反対側のアームも同じです。

 

f:id:youscyclecabin118:20160929215525j:image

 

作動部のボルトにも当然グリスを塗っておきます。

 

f:id:youscyclecabin118:20160929215544j:image

f:id:youscyclecabin118:20160929215615j:image

f:id:youscyclecabin118:20160929215648j:image

 

ここからが組み立ての本番です。

リターンスプリングを取り付けます。

スプリングは一度酸洗していますので、防錆効果を狙ってグリスをしっかり塗っておきます。

 

f:id:youscyclecabin118:20160929215709j:image

 

アームにはスプリングを引っ掛ける穴があるのでスプリングの突起を引っ掛けます。

反対側も同じです。

 

f:id:youscyclecabin118:20160929215855j:image

 

ブレーキの本体とでも言うセンターの部分。

ここの突起部にスプリングを引っ掛けながら組み立てする事になります。

 

f:id:youscyclecabin118:20160929215735j:image

 

引っ掛け方はこうなります。

 

f:id:youscyclecabin118:20160929215803j:image

 

片側のアームのスプリングを引っ掛けた状態で 反対側のアームも取り付けようとしますが、これが大変

何度も何度も失敗しながら組み立てを行い

 

f:id:youscyclecabin118:20160929215836j:image

 

やっとの思いで収まるべきところに収まりました

良かった

 

f:id:youscyclecabin118:20160929215930j:image

 

ここが中々収まらなかった。。。

 

f:id:youscyclecabin118:20160929215957j:image

 

ボルトをモンキーと六角レンチで本締めして

 

f:id:youscyclecabin118:20160929220027j:image

 

完成

メッキは駄目な部分が如何しても有りましたが、輝きは最初とは比べ物になりません。

 

<Before>

f:id:youscyclecabin118:20160929221702j:image

 

<After>

f:id:youscyclecabin118:20160929220142j:image

 

ブレーキシューは再使用出来なかったので手持ちのアルテグラグレードに変更

 

f:id:youscyclecabin118:20160929220204j:image

 

これでトー調整も出来るようになりました。

 

f:id:youscyclecabin118:20160929220225j:image

 

次回はフロントディレイラーを組み立てます。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です