スポークの話

たまたま手元に各社のスポークが有るのでちょっと比べてみます。

左からHoshi #14#15バテッド/Sapim CX-RAY/DT competition/Tukiboshi #14#15バテッドです。

CX-RAY以外はいわゆるバテッドスポークになります。

f:id:youscyclecabin118:20160610195108j:image

 

袋から出すとこんな感じ。

f:id:youscyclecabin118:20160610195121j:image

 

折角なので重さを測っておきます。

コンマ代まで測定可能な計りが無いのでのいずれも10本で測定します。

また厳密には長さがそれぞれ違うので誤差がありますが、ここは参考程度なのであしからず。

 

まず最初はHoshi

75gなので一本当たり7.5g

f:id:youscyclecabin118:20160610195148j:image

 

次はSapim CX-RAY

60gなので一本あたり6g

 f:id:youscyclecabin118:20160610200855j:image

 

次はDT Competition

10本78gなので一本あたり7.8g

f:id:youscyclecabin118:20160610200916j:image

 

最後にTukibosh

79gなので一本あたり7.9g

f:id:youscyclecabin118:20160610195420j:image

 

長さはCX-RAYが300mmでDTとHoshiが約280mmなのにも関わらず一本あたり1g以上も軽いのは驚異的です。

 

それでもお値段も驚異的なのは使いづらいところです(笑)

 

並べて比べて見るとバテッド部の形状と長さが各社違います。

HoshiとTukiboshは段付きがハッキリ分かりますが、DTは薄っすらテーパーになっています。

スポンサーリンク

f:id:youscyclecabin118:20160610200944j:image

 

CX-RAYは明らかな扁平スポークで特徴的なのがしなりの良さです。

f:id:youscyclecabin118:20160610201019j:image

 

この状態から

f:id:youscyclecabin118:20160610201050j:image

 

このくらい曲げても平気です。

他のスポークでは出来ません。

f:id:youscyclecabin118:20160610201107j:image

 

またスポークが混じった時に分かるよう各社刻印があります。

 

CX-RAYは根元にSapimの刻印 

f:id:youscyclecabin118:20160610201133j:image

 

Hoshiは首折れ部にHの刻印

f:id:youscyclecabin118:20160610201152j:image

  

DTも首折れ部にDTの刻印

f:id:youscyclecabin118:20160610201210j:image

 

Tukiboshは何もありませんでした。

f:id:youscyclecabin118:20160610201239j:image

 

首の飛びにくさがどれが良いのかは分かりませんが、CX-RAYが1番スポークテンションが張れるとの事なので1番強いのかもしません。

 

でも、やっぱり値段がHoshiの4倍は高いよ…。

高いよ…。

 

どれを使うかはあなた次第と言う事です。

 

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です