ロードバイクレストア/各パーツ美装

残りパーツの美装をしていきます。
これでパーツメンテナンスは終わりになります。
それでは始めます。
まずはヘッドパーツです。
ヘッドワンがかなり錆びていたので

f:id:youscyclecabin118:20160518221857j:image

ヤスリでサビ落としをして一皮剥いて
f:id:youscyclecabin118:20160518221927j:image
塗装します。
ここはマイカの入ったツヤありブラックを使います。
f:id:youscyclecabin118:20160518222011j:image
塗れました。
ほぼ復活です。
f:id:youscyclecabin118:20160518222038j:image
スタンドの塗装は日焼けしていたのでこれも一皮剥いて塗装します。
f:id:youscyclecabin118:20160518222133j:image
こちらは艶消しブラックで塗装します。
f:id:youscyclecabin118:20160518222203j:image
美装完了。
因みに艶消しとツヤ有りの選択は私の好みです。
f:id:youscyclecabin118:20160518222229j:image
シートポストは座の部分がアルミになっており、塩を吹いているので
f:id:youscyclecabin118:20160518222446j:image
研磨して光る所まで綺麗にしています。
ピカールを使うと良いと思います。
f:id:youscyclecabin118:20160518222526j:image
スプロケットも再利用するので美装します。
錆びていますが、これもワイヤーブラシで擦ると
f:id:youscyclecabin118:20160518222653j:image
これだけ綺麗になりました。
f:id:youscyclecabin118:20160518222726j:image
また錆が出ない様にスプロケットにはオイルを塗っておきます。
f:id:youscyclecabin118:20160518222752j:image
ブラシで奥までまんべん無く塗っておいた方が良いですね。
f:id:youscyclecabin118:20160518222820j:image
最後はフレームとフォークの美装になります。
放置していたのもあり其れなりに汚れてます。
f:id:youscyclecabin118:20160518222915j:image
f:id:youscyclecabin118:20160518223039j:image
ここはコンパウンドワックスで汚れを落としながら磨きます。
f:id:youscyclecabin118:20160518223114j:image
美装の途中で緩みやすいディレイラーハンガーの増し締め確認をします。
f:id:youscyclecabin118:20160518223248j:image
ここには緩み止めを塗っておく事をお勧めします。
緩むと変装性能に関わるので大事な所になります。
f:id:youscyclecabin118:20160518223319j:image
そしてこれで本当に各部パーツのメンテナンスが完了しました。
f:id:youscyclecabin118:20160518223149j:image
次回からはいよいよ組み立てに移ります。
スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です