ロードバイク/部品交換 〜クランク/ペダル/ハンドル周り〜

前回からの続きを進めていきます。
クランクを取り付けますが、オクタリンクの接合部にはグリスを塗っておきます。
固着防止ようなので何でも良いと思います。

f:id:youscyclecabin118:20160427204538j:image

クランクの溝とBBシャフトの溝が合うように軽く挿入します。
この段階では殆ど入りません。
f:id:youscyclecabin118:20160427204610j:image
ここから先はフィキシングボルトをネジ込み少しずつBBシャフトへクランクを挿入します。
f:id:youscyclecabin118:20160427204646j:image
仮止めの状態ではここまで隙間が開いていますが、
f:id:youscyclecabin118:20160427204729j:image
ボルトが締まらなくなる所まで閉めた状態でここまで隙間が競ります。
Qファクターの面からもこれは良いですね。
f:id:youscyclecabin118:20160427204833j:image
最後にグリスを詰めてキャップをして完了です。
f:id:youscyclecabin118:20160427205041j:image
キャップはペグスパナで緩まない程度に締めておきます。
f:id:youscyclecabin118:20160427205121j:image
あとはペダルを取り付け
f:id:youscyclecabin118:20160427205418j:image
これでクランク周りは完成です。
f:id:youscyclecabin118:20160427205455j:image
チェーンは色んな媒体で取り付け方が有るので省略します。
f:id:youscyclecabin118:20160427205750j:image
バーテープは元々カーボン調の物が付いていたので、近い柄なサイクルベースあさひ製であったので使います。
f:id:youscyclecabin118:20160427205900j:image
ワイヤー周りはテープで仮止めしておきます。
f:id:youscyclecabin118:20160427205941j:image
ブラケットの所は金具が出ないようにバーテープの切れ端で予め覆っておきます。
f:id:youscyclecabin118:20160427210016j:image
後は握った時に閉まる方向になる外側から内側へバーテープを巻いて完成となります。
f:id:youscyclecabin118:20160427210057j:image
最後の方は駆け足となりましたが、パーツ交換はこれで完了です。
細い調整とポジション合わせはセオリー通り行えば問題ありません。
完成状態は次回紹介します。
スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です