ロードバイク/デュアルピボットブレーキオーバーホール

デュアルピボットブレーキのオーバーホールをして行きます。
私のロードに付いていたブランド名も何もない安物ですが、高級な物とは材質や可動部にベアリングが入っているかなどの違いだけで、基本構造は殆ど同じですので、教材としては丁度良いかと思います。

f:id:youscyclecabin118:20160424101947j:image

最初に全体を見て行きましょう。
これは左から見た写真。
f:id:youscyclecabin118:20160424102020j:image
右から見た写真。
f:id:youscyclecabin118:20160424102102j:image
上から見た写真。
f:id:youscyclecabin118:20160424102144j:image
下から見た写真。
f:id:youscyclecabin118:20160424102230j:image
こう言った写真を撮っておくと後々組み立てる時などに役立つので撮っておいたほうが良いですね。
この写真は上からリヤブレーキ、下がフロントブレーキ。
違うのはシャフト長さだけで基本時には同じ構造です。
f:id:youscyclecabin118:20160424102309j:image

フロントブレーキを例にオーバーホールを進めていきます。

まずはブレーキシューから外します。
これはナットで止まっているのでメガネレンチもしくはスパナでは緩めます。

スポンサーリンク
f:id:youscyclecabin118:20160424102455j:image
外れました。
安物シューなのでブレーキゴムに直接ボルトが埋まっているタイプです。
このタイプはある程度剛性を出す為にゴムを固くする必要があり、質があまり良くありません。
また硬くしてもゴム部分が多い為余り効きがよくありません。
f:id:youscyclecabin118:20160424103615j:image
ブレーキを広げるスプリングには可動時に滑りをよくする為に樹脂の筒が付いてます。
f:id:youscyclecabin118:20160424103716j:image
スプリングのテンションを外した時に飛んでいく可能性があるので先に外しておきます。
f:id:youscyclecabin118:20160424103827j:image
スプリングはボディに埋め込まれているタイプなので飛び出ているボルトに付いているナットを外します。
f:id:youscyclecabin118:20160424104001j:image
外すとボディに溝が彫られてスプリングが埋まっているので確認出来ます。
f:id:youscyclecabin118:20160424104156j:image
スプリングを除いたらアーム類の分解に取り掛かります。
f:id:youscyclecabin118:20160424104249j:image
左側のボルトになりますが、先端を止めているナットの他にシャフト本体に小さなイモネジが付いています。
これでシャフトの位置を決めてガタ付き防止をしています。
f:id:youscyclecabin118:20160425075750j:image
これらを外すとボルトが回せるようになりますので、外します。
f:id:youscyclecabin118:20160424104358j:image
外れたアームを確認するとボルトが入っていた所に樹脂ブッシュが入っていました。
アームの軽い動きをする為の補助になります。
上位グレードはここがベアリングになっています。
f:id:youscyclecabin118:20160424104512j:image
裏側も同じ様なブッシュが入ってます。
f:id:youscyclecabin118:20160424104542j:image
クイックレバーをバラします。
ここはシン
プルにボルト緩めるだけなので簡単です。
f:id:youscyclecabin118:20160424104614j:image
順番がわかる様に並べておきます。
f:id:youscyclecabin118:20160424104653j:image
もう一方のアームに残っているボルト類もバラします。
f:id:youscyclecabin118:20160424104753j:image
ここにも小さいイモネジが付いているので
f:id:youscyclecabin118:20160424104906j:image
外します。
f:id:youscyclecabin118:20160425074847j:image
後は小さなアーム自体にネジが切られているので回して緩めます。
f:id:youscyclecabin118:20160425074929j:image
これで分解出来ました。
f:id:youscyclecabin118:20160425075018j:image
各部洗浄をしたら、折角ここまで分解したのでアルミパーツは磨いておきます。
f:id:youscyclecabin118:20160425075105j:image
磨きに使うのはやっぱりピカール
f:id:youscyclecabin118:20160425075131j:image
結構綺麗になりました。
アルミは磨けば光るのでやりがいがあります。
f:id:youscyclecabin118:20160425075205j:image
ここからは組み立てに移ります。
f:id:youscyclecabin118:20160425075343j:image
可動部になる樹脂ブッシュが には特に丹念に塗っておきます。
f:id:youscyclecabin118:20160425075456j:image
分解時の逆手順で進めます。
小さなイモネジは本当に小さいので無理に回すとネジ山を痛める可能性が有るので程々に抑えておきます。
レンチの短い方を上にして二本指だけで力一杯締めれば良いくらいだと思います。
f:id:youscyclecabin118:20160425080047j:image
アーム同士はガタが出ないギリギリの隙間を狙って調整します。
これは引きの軽さとブレーキ剛性を出来るだけ両立させる為です。
ここが1番時間が掛かりますし、掛けるべき所だと思います。
f:id:youscyclecabin118:20160425075523j:image
ここのナットと小さなイモネジは緩みそうな気がするのでよりしっかりした物にする為に
f:id:youscyclecabin118:20160425075618j:image
中強度のロックタイトを塗っておきました。
これは私個人の意見なので必ず塗る必要は無いと思います。
f:id:youscyclecabin118:20160425075658j:image
スプリングを収めて、ナットでとめます。
ナットは短いスパナで目一杯締め付ける位で良いと思います。
f:id:youscyclecabin118:20160425075919j:image
スプリングをレバーに掛ける時は結構な力が必要になりますので、手で難しい時はペンチを使うと良いと思います。
この時樹脂スリーブを入れる事を忘れない様にしないといけません。
f:id:youscyclecabin118:20160425080001j:image
クイックレバーは
f:id:youscyclecabin118:20160425080124j:image
この順番で取り付けるだけ
f:id:you
scyclecabin118:20160425080200j:image
これで完成!!
フロントもリヤもやる事は同じです。
f:id:youscyclecabin118:20160425080236j:image
大分長くなっていますが、ここはもう少し続けます。
ブレーキシューを左の純正から右のアルテグラグレードに交換します。
f:id:youscyclecabin118:20160425080323j:image
シューホルダーとゴムシューが分離しているタイプになり取り付け部は可動する様になっており、トー調整が出来る構造になっています。
f:id:youscyclecabin118:20160425080439j:image
それでアームに取り付けようとした所、純正品が付いていた所にバリが出来ていて入りませんでした。
f:id:youscyclecabin118:20160425080505j:image
なので、ダイヤモンドヤスリで修正
f:id:youscyclecabin118:20160425080535j:image
削り過ぎはアームの強度が落ち、シューのガタつきも増えるだけで良いこと無いので、必要最低限のバリ取りだけを行いました。
f:id:youscyclecabin118:20160425080605j:image
それで取り付けて完成!!
これでブレーキの効きが大幅に良くなることは有りませんが、このブレーキ本来の性能は発揮出来る様になったと思います。
f:id:youscyclecabin118:20160425080633j:image
お役立ち情報になったでしょうか?
如何だったでしょうか?
スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です