ロードバイク/フォークとステムを取り付ける

フォークとフレームの合体とステムを取り付ける所まで今回は進めていきます。
下準備としてフォークの玉押しにはグリスをぬります。

f:id:youscyclecabin118:20160422192522j:image

コラム部分のシャフトにも塗ります。
塗装をしてますので、不要かもしれませんが、念の為防錆を狙って塗っておきました。
f:id:youscyclecabin118:20160422192552j:image
フレームに差し込みました。
これだけでは当然ダメなのでステムを取り付ける準備をしていきましょう。
f:id:youscyclecabin118:20160422192624j:image
今回は純正とは別に新しいステムを準備してます。
上が純正で下が新しく準備した。
DedaのQuatro2と言うステムです。
選んだ基準は軽さなどの性能では無く。デザイン重視で選んでます。
f:id:youscyclecabin118:20160422192658j:image
デザインの他に違いと言えばクランプボルト数が違います。
これは純正。
2本です。
f:id:youscyclecabin118:20160422192726j:image
これはQuatro2。
4本です。
当然多い方が力も分散するのとハンドルバーとの接地面が増やせて安心感が違います。
ダンシングをした時の剛性なんかも違うんだと思いますが、今回は気にしません。
f:id:youscyclecabin118:20160422192751j:image
因みにDedaはクランプ部分を薄くし過ぎて破断するトラブルが過去出ていたようです。
調べた所これは対策品になっているようなので一安心。
そろそろフォークの作業に戻りましょう。
まず寝せていたフレームを立てます。
今の状態では上部のワンとフォークに隙間があります。
f:id:youscyclecabin118:20160422192834j:image
ここにはテーパーの樹脂で出来たスペーサーを入れる事でセンター出しとガタつきを抑えます。
f:id:youscyclecabin118:20160422192902j:image
これもグリスを塗って挿入していきます。
少し抵抗を感じますが、しっかりと奥まで入れる必要がある部分です。
ちゃんと入っていればこの段階でフォークはフレームから抜けなくなります。
f:id:youscyclecabin118:20160422192933j:image
続いてスペーサーを入れます。
スペーサーは丁度ヘッドワンの錆が浮いていた所にかぶさる所ですので、たっぷりとグリスを塗っておきます。
f:id:youscyclecabin118:20160422193012j:image
後は挿入するだけ
f:id:youscyclecabin118:20160422193042j:image
ステムを取り付ける前にもう少し詳しく見ます。
このステムは左と
f:id:youscyclecabin118:20160422193144j:image
右で模様が違います。
これが好きで買ったような物です(笑)
f:id:youscyclecabin118:20160422193214j:image
ステムの角度や見栄えの点からこのホルスタイン柄が上になる様にして取り付けることにします。
f:id:youscyclecabin118:20160422193244j:image
出来ました。
ヘッドキャップでベアリング当たりを調整しますが、そこは車輪を付けてからになるので後の行程でします。
この段階ではボルト類は仮止め程度でOKです。
f:id:youscyclecabin118:20160422193316j:image
次回は部品の続きでクランクにチェーンリングを取り付けます。
スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です