オクタリンクBB/Dura Ace/BB-7700

構造が気に入って買ったこのBBです。
新品ではありますが、構造の紹介とグリスの入れ替えを兼ねて分解組み立てていきます。

f:id:youscyclecabin118:20160414182925j:image

当然の如くネジ部には緩み止めが塗られています。
f:id:youscyclecabin118:20160414183115j:image
最初にロックリングを外します。
ロックリングはアルミで出来ているので専用工具出ないと山を痛めます。
これはSHIMANO純正工具ですが、結構お高い物です。
ParkToolからも同じような物が出てますが
f:id:youscyclecabin118:20160414183210j:image
実際に取り付けた時のぴったり感はやはりSHIMANOが良いです。
ぴったりしてるということはそれだけ力がしっかり掛かると言うことなので、公開しない為にはSHIMANO純正がオススメです。
f:id:youscyclecabin118:20160414183254j:image
前置きが長かったですが、外れました。
f:id:youscyclecabin118:20160414183415j:image
そしてこのBB最大の特徴がこちら。
カートリッジのように見えてカップアンドコーンになっているという事。
f:id:youscyclecabin118:20160414204438j:image
しかも玉受けはラジアルのニードルとスラストのボールがしっかり配置されている構造。
f:id:youscyclecabin118:20160414204519j:image
スラストのボールが当たるレース部分は分離出来るようになってます。
f:id:youscyclecabin118:20160414204618j:image
シャフトは中空で軽量化もされています。
f:id:youscyclecabin118:20160414204711j:image
ベアリング部を分解して構造を詳しく見て行きましょう。
まずは外の乗っているだけのシールを外します。
f:id:youscyclecabin118:20160414204750j:image
ひっくり返して樹脂で出来たスナップリングを外すと
f:id:youscyclecabin118:20160414204834j:image
リテーナーに入ったベアリングが抜けてきます。
f:id:youscyclecabin118:20160414204913j:image
ボディのベアリングが当たる部分は鏡面仕上げでとても綺麗です。
流石DuraAceと言ったところでしょうか。
f:id:youscyclecabin118:20160414204942j:image
 ベアリングを洗浄します。
こうやってみるととても小さくてBBのベアリングとは思えないですね。
f:id:youscyclecabin118:20160414205225j:image
部品を全部並べるとこうなります。
非常にパーツが多い事が分かります。
f:id:youscyclecabin118:20160414205303j:image
グリスを入れ替えて組み立てしていきます。
粘度の低いセラミックグリスを使います。
f:id:youscyclecabin118:20160414205342j:image
シャフトには右左が有るので分からなくならないように書いておきました。
f:id:youscyclecabin118:20160414205415j:image
分解の逆で組み立てて
f:id:youscyclecabin118:20160414205515j:image
元通り!!
f:id:youscyclecabin118:20160414205550
j:image
お分かりのようにこのこった作りが気に入って購入しました。
更に玉当たり調整も出来る点が最高です。
唯一の難点はクランクが専用品である必要がある事ですね。
スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です