ママチャリレストア 〜フロントホイール ハブダイナモ 組み立て〜

下準備が完了したので、組み立てていきます。
f:id:youscyclecabin118:20160326115054j:image
グリスは塗りにくいところがあるので100円ショップで買った注射器を一部使ってみます。
化粧品コーナーにあります。

f:id:youscyclecabin118:20160326115022j:image

それでは早速作業開始。
順番は基本的には分解の逆です。
玉受け部にグリスを注射します。
f:id:youscyclecabin118:20160326115133j:image
中々メンテする場所では無いのでたっぷり目に入れてベアリングを置いてその上から更にグリスを注射しておきます。
f:id:youscyclecabin118:20160326115203j:image
ハブシャフトを準備。
良く見ると端子が有りませんが、実は端子を取らないと玉押し等が取れなかったので端子と銅線部を止めていたハンダを溶かして外してます。
f:id:youscyclecabin118:20160326115246j:image
これを玉受けに通して
f:id:youscyclecabin118:20160326115328j:image
玉押し等を通した上で端子を再度ハンダ付けします。
ハンダ付けは写真が撮れませんでした。
使ったハンダはこれまた100円ショップで買ったものを使ってます。
f:id:youscyclecabin118:20160326115610j:image
プラスチックカバーも取り付けてこちら側はあらかた完了です。
この時玉押しは最初の位置になる様にセットしておきます。
玉押し調整は反対側でする事になります。
そしてダイナモ部分をハブボディに収めます。
f:id:youscyclecabin118:20160326130209j:image
モンキーでしっかり締めますが、アルミなので力加減には注意して進めます。
f:id:youscyclecabin118:20160326130304j:image
反対側。
こちらもグリス注入とベアリングを収めます。
当然グリスはたっぷり。
長期運用出来るよう、玉押しは少し渋目にセットしました。
f:id:youscyclecabin118:20160326130346j:image
これでフロントホイールは完成。
こちらは端子側。
f:id:youscyclecabin118:20160326130443j:image
反端子側。
f:id:youscyclecabin118:20160326130520j:image
スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です