ママチャリレストア 〜塗装剥離〜

お気付きの方も居るかも知れませんが、この自転車は一度オレンジ色に自家塗装をしてます。
元々は紺色でしたが、素人塗装で上からオレンジ色を塗ってます。
今回は一度塗装を剥がし完全に無垢の状態から塗り直しをする計画です。
今回はその塗装剥離までを行います。

f:id:youscyclecabin118:20160308165713j:image

初っ端からフォークが丸裸になってますが…。
写真撮るの忘れたんですね…ハイ。
すいません。
f:id:youscyclecabin118:20160308170524j:image
気を取り直してフレームを行きます。
最初にする事は剥離剤塗布前のマスキング。
この自転車はベアリングの受けも塗装がされてますので、そこを剥ぐわけには行きません。
ここはしっかりしておく必要があります。
これはヘッドパーツですね。
f:id:youscyclecabin118:20160308170709j:image
BBも同じです。
f:id:youscyclecabin118:20160308170814j:image
フォークは下玉押しが付いてるので
f:id:youscyclecabin118:20160308190745j:image
ハンマーと貫通ドライバーで外します。
これはコツコツと慎重にやる必要が有りますが、さほど難しくは有りません。
f:id:youscyclecabin118:20160308190820j:image
後は自作のメンテナンススタンドにセットして準備完了です。
f:id:youscyclecabin118:20160308171034j:image
剥離剤は近くのホームセンターにあったものを使用します。
f:id:youscyclecabin118:20160308171236j:image
一通り塗ります。
f:id:youscyclecabin118:20160308171325j:image
すると自家塗装という事もありオレンジ色は直ぐに剥がれてきました。
f:id:youscyclecabin118:20160308171431j:image
ハンガーで少しだけ擦ってみるとこの通り。
効果適面です。
f:id:youscyclecabin118:20160308171545j:image
後はひたすら塗装をそぎ落として
f:id:youscyclecabin118:20160308171722j:image
丸裸になりました。
f:id:youscyclecabin118:20160308171828j:image
1番複雑な場所のBB周りも綺麗なものです。
フレームも全体的に錆は無く上々の状態です。
f:id:youscyclecabin118:20160308172102j:image
なんてことを悠長に考えてる暇もありません。
このままでは裸になったフレームに錆が浮いてしまいますので、しっかり脱脂して塗装に移ります。
続きの塗装はまた次回に。
スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です