始まりの自転車。ママチャリレストア〜分解開始〜

まず、最初は自転車を始めるきっかけになった妻のママチャリレストアを紹介していきます!


この自転車は中学生の時におじいちゃんから買って貰った物らしく、思い出の一台と言うことでレストアで装いも新たにしてまだまだ頑張って貰います!!

〜 それでは早速始めます!!〜

まずはフレーム・ホイール・フェンダー類等に分解。

これは見えるボルト類を取るだけなので簡単ですね。

f:id:youscyclecabin118:20160306204932j:plain

外す時には写真を撮っておく事をお勧めします。

後々組む時に忘れちゃってることがありますので。

続いて細かなパーツの分解です。

まずはヘッド周り。

ヘッドは少し高価なママチャリに付いてるロック機構が付いてるものです。

ロックリングは三爪が付いてるものですので、マイナスドライバーを使って叩いて緩めるので十分です(正ネジ)。

f:id:youscyclecabin118:20160306210432j:plain

ロックリングを外すと周り止めのスペーサーが出てきます。

フォークに切られている溝にスペーサーが合うようになってます。

f:id:youscyclecabin118:20160306210558j:plain

続いてプラスチックカバーを外すと中からロックした際ラチェットになる穴開きのリングが出てきます。

f:id:youscyclecabin118:20160306211538j:plain

このリングは簡単に手で外れます。

これも溝にはまるようになってます。

f:id:youscyclecabin118:20160306212201j:plain

スポンサーリンク

写真の真ん中にピンあります。

このピンがロックの時に出てきて先程のリングの穴に入り周り止めになる構造にです。

f:id:youscyclecabin118:20160306212436j:plain

上玉受けは32のスパナで外します(正ネジ)。

f:id:youscyclecabin118:20160306212725j:plain


これでリテーナー付きベアリングが外れました。

グリスは残っており状態は悪く無いです。

f:id:youscyclecabin118:20160306213016j:plain

ここまでくるとフレームからフォークが外れます。

下玉にもグリスは残ってます。

f:id:youscyclecabin118:20160306213414j:plain


これでフレームからのフォークの分離が完了です。

f:id:youscyclecabin118:20160306223135j:plain


長くなりましたので、続きはまた次に。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です